ドライアイ

目が渇く、目の疲れが
あるドライアイ

目が渇く、目の疲れがあるドライアイドライアイとは、エアコンやパソコン、スマートフォン、コンタクトレンズ、加齢などによって発症する疾患です。近年患者数は2200万人まで増え続けており、「目の現代病」とも呼ばれています。
涙には水と油など、多くの成分が含まれています。目を保護するのに必要な涙の量が足りなくなる、または涙に含まれている物質のバランスが悪くなることで、涙が均等に行き渡らなくなった結果、目の表面に傷がついてしまいます。
当院では、ドライアイ専門の検査機器を用いて、ドライアイの原因を細かく探ることが可能です。お悩みの方はお気軽に当院へご相談ください。

こんな症状は
ドライアイかも?

「目が乾く」だけでなく、様々な症状が現れます。下記のチェックシートから確認しましょう。

ドライアイチェックシート

  • 目が痛い
  • 目が乾いているような感覚がある
  • 目が疲れている
  • 勝手に涙が出る
  • 光を眩しく感じる

ドライアイの原因は?

まず涙には、水と油など様々な成分が含まれています。それぞれの成分が足りなくなる、質が変わることで涙が乾きやすくなり、症状が現れるのです。

水の成分が不足するタイプ

加齢と共に、涙の水分を生成する涙腺の生成機能が衰えたり、全身疾患によって涙腺に炎症が起こったりすることで、涙の水分量が減るタイプです。涙の水分量がかなり少ない場合は、「シェーグレン症候群」という全身の炎症性疾患が隠れている恐れがありますので、血液検査で確認する必要があります。

油が不足するタイプ

油が分泌される組織である「マイボーム腺」の働きが落ちることで起こります。マイボーム腺はまぶたのふちにある器官で、常に油を分泌して涙の蒸発を防いでいます。マイボーム腺機能不全になると、ドライアイの症状が引き起こされやすくなります。

ドライアイは重症化
するとどうなる?

放置して重症化すると、角膜や結膜がダメージを受けてしまいます。また、肩こりや頭痛、めまいなどの不調が起こる恐れもあります。
早期発見が大事ですので、「たかがドライアイ」と軽視せずに、早めに眼科へ相談しましょう。

ドライアイの重症化で失明の可能性はある?

ドライアイは重症化しても、失明に至る危険性はありません。ただし、以下のリスクが発生するため、早めに治療を受けることをお勧めします。

実用視力が下がる

実用視力とは、「日常生活の環境下における平均的な視力」です。視力検査で測定する、瞬間的な視力とは別物です、健康な方の場合、目の表面には涙が均一に行き届いていますが、ドライアイになると涙が不足するため、目の表面がデコボコになってしまいます。目の表面がデコボコになると、目に入った光が眼内の組織に乱反射してしまうため、視界がぼやけてしまいます。その結果、実用視力に悪影響を及ぼすのです。

自律神経のバランスが乱れる

意外なことかもしれませんが、ドライアイを発症すると精神的な負担も大きくなります。ドライアイそのものではなく、ドライアイの症状(目の痛みなど)から不調を引き起こしてしまいます。
目の疲れなどで自律神経のバランスが乱れ、頭痛、肩こり、集中力低下などの不調に悩みやすくなります、これらの不調が長引くと睡眠や仕事の質にも影響を及ぼし、心身ともに負担が大きくなります。

ドライアイの検査方法

視力検査と眼圧検査などの検査に加えて、涙の質や量を調べる検査を受けていただきます。また、細隙灯顕微鏡を使い、目の表面に傷が付いていないかも調べます。

ドライアイの治療法

ドライアイの説明でも述べましたが、ドライアイの原因には様々あり、その原因に応じた治療をする必要があります。
各治療法について説明します。

点眼治療

涙の補充のための点眼や涙の水分や粘液を増やす点眼を使って、涙の量と質をあげて、ドライアイを治療します。いろんな種類の点眼がありますので、病態に合わせて使い分けたり、併用したりします。

涙点プラグ挿入

まぶたの鼻側に、涙点と呼ばれる涙の排水口があります。涙点から、涙が鼻に抜けて、涙を排出しています。この涙点に涙点プラグという、小さなゴムやプラスチックでできたものを挿入することで、涙点を閉じ、涙を目にためて、治療をします。この方法は、特に水分が不足しているタイプやシェーグレン症候群に合併したドライアイに対して行います。
外来処置で行います。点眼で麻酔した後に涙点プラグを挿入します。涙点は左右、上下計4つありますが、病態によって、挿入する数や場所は変わりますが、涙点プラグ挿入する時間は数分で、痛みもわずかです。(涙点プラグの写真を用意します)。
まれではありますが、涙点プラグが何度も抜けるような場合は、外科的に涙点を閉塞させる場合もあります。

温罨法

マイボーム腺機能不全があり、油が不足して、ドライアイ症状が出ている場合は、マイボーム腺を温める温罨法が有効です。温めることで油が溶けて、目の表面を覆うことで、ドライアイ症状が改善します。温罨法は、市販の目を温めるシートやカイロで数分温めます。濡れた蒸しタオルですることはお勧めしていません。なぜなら、蒸しタオルの場合、冷めるのも早く、効果が少ないためです。1日2回することを目標に開始します。(温めている写真を用意します)

まぶたの洗浄
(リッドハイジーン)

マイボーム腺機能不全に対して行います。まぶたの縁をきれいにすることで、油の出をよくします。可能ならば、まぶた専用の洗浄液を使って、まぶたをやさしく洗います。1日2回することを目標に開始します。

IPL(自由診療)

ドライアイやマイボーム腺機能不全を改善する治療として Intense Pulse Light(通称IPLアイピーエル)が注目されています。ルミナス社のM22IPLシステムによるIPL治療は、マイボーム腺からの油に分泌を促したり、瞼の炎症を軽減したりすることで、ドライアイやマイボーム腺機能不全の患者様の涙を安定化させます。点眼などの治療が効きにくい方などに、自覚症状が改善します。
当院では、こちらIPLを使用した最新治療が可能です。また当院では、ドライアイの専用検査機器でIPL前後の涙の状態を調べます。

ボトックス注射

眼瞼けいれんに対して、ボトックスという毒素を注射することで筋肉を麻痺させて、けいれんを抑えます。効果は3か月ほど持続します。症状に応じて、注射を繰り返しおこないます。当院では、在籍する医師3人ともボトックス注射資格認定医ですので、症状に合わせて行います。眼瞼けいれん以外にも、片側顔面けいれんに対しても行っています。

ドライアイの対策方法は?

ドライアイとなる原因をできる限り避けることが重要です。

ドライアイとなる原因をできる限り避けることが重要です。

  • パソコン作業する際はコンタクトレンズよりもメガネを装着する
  • パソコン作業する時は休憩時間を設ける、意識してまばたきする
  • スマートフォンは長時間使い続けない
  • エアコンの風向きを調整して直接当たらないようにする
  • 加湿器や濡れタオルなどを使って部屋の湿度を維持する

また、別の疾患の治療で処方された薬や点眼液の副作用、目の疾患(結膜弛緩症・マイボーム腺梗塞など)、シェーグレン症候群などの全身疾患などでドライアイを発症している可能性もあります。対策も大事ですが、これらが隠れていないかを確認するため、眼科へ行くこともお勧めします。

ドライアイは眼科医にて
適切な診断と治療が
必要な病気です

ドライアイは眼科医にて適切な診断と治療が必要な病気ですドライアイは、様々な要因による涙や目の表面の慢性疾患で、目の不快感や視機能の異常を伴う疾患の総称です。症状や原因が様々であるため、単なる一時的な不快感・不調との区別がつけられないため、眼科医でなければ正しい診断・治療を行うことができません。
それが一過性の不調なのか、眼球の表面に障害が起きているためなのかは、眼科でのきちんとした検査を行いましょう。放置しておくと、知らないところで症状が悪化し、合併症を引き起こします。
ドライアイは、生活習慣や他の病気などにより、涙の量や質が変わってしまうことで起こるため、市販の目薬で水分を補うだけでは十分ではない場合もあります。また、市販の目薬や水道水による洗眼は、かえって病状を悪化させてしまうこともあります。早期治療と定期的な通院がポイントです。
少しでも気になったら、当院にご相談ください。

ドライアイのQ&A

ドライアイの点眼をしても症状が良くなりません。どうしたらいいですか?

まずはドライアイの原因が何かを探る必要があります。ドライアイの原因によっては、点眼が効きにくい場合もあります。まずは、眼科での検査をして、原因について調べることをお勧めします。

温罨法やまぶたの洗浄に使用するグッズなどはどこで入手しますか?

ドラッグストアで購入可能です。いしづち眼科に併設する新居浜コンタクトレンズでも販売しています。

ボトックス注射は予約が必要ですか?

注射用のボトックスは院内には常時おいていません。あらかじめ、用意する必要がありますので、必ず予約を取ってください。

expand_less
0897-33-3069 WEB予約 TOP